blog index

高岡市の「中川接骨院」モバイルサイト

富山県高岡市の「中川接骨院」です。出産後の骨盤のゆがみは、腰痛や肩こりの原因の一つです骨盤矯正することによって今までの不快な症状が和らぎ,痛みが軽減されることでしょう。相談は無料です。
交通事故でケガをされた方の施術と適切なアドバイスもします。
<< 柔道愛好家は幅広い年齢層 | main | 柔道を通じて子供を理解 >>
富山県の柔道家を育てるには
富山県の柔道家を育てるには

28日に小杉総合体育センターで柔道フェスタが開催されました。 この催しは柔道ルネッサンス活動の一環で、講道館と全日本柔道連盟が柔道の更なる普及と活性化を図ることを目的にしています。
 
 今年度は、鈴木桂治、塚田真希、塘内将彦、福見友子ら全柔連の強化選手が派遣され開催されました。 たくさんの小・中学生がこの柔道フェスタに参加し、あこがれの選手たちと乱取りや、クイズ大会、記念撮影と夢のような時間を過ごしました。 柔道の普及の為には、この子供たちが今後、中学・高校へと進学したときに皆が柔道を続けていてほしいのですが、現実はやめていく生徒がおり、私たち柔道指導者の課題になっています。

 それは、一つの原因として柔道の指導が充分にできないために、生徒が指導者のいる学校に偏ってしまうことです。他の学校では、柔道部の部員数が減少し、学校間の格差が生じています。このままでは、富山県全体としての柔道がなかなか普及していきません。 私としては一つの学校・道場に縛られることなく、生徒たちには相撲でいう出稽古のような練習環境と、県外で活躍した若い柔道家が指導できる環境を整えることが必要かと感じています。

 それには、現在スポーツエキスパートとして指導する私も含め先生方の意識改革を始め、また意思疎通を図り、富山県全体として、わけ隔てなく生徒を指導できるよう、また指導者として富山に戻れる魅力のある柔道を生徒たちに教えていかなければならないでしょう。

 将来はこの富山県から皆が育てた柔道のオリンピック出場選手が出てほしいです。
北日本新聞「読者のひろば」には掲載されませんでした。
読者のひろばトップ
高岡市の中川接骨院
| | 北日本新聞「読者のひろば」 | | - | - | pookmark |

bolg index このページの先頭へ