blog index

高岡市の「中川接骨院」モバイルサイト

富山県高岡市の「中川接骨院」です。出産後の骨盤のゆがみは、腰痛や肩こりの原因の一つです骨盤矯正することによって今までの不快な症状が和らぎ,痛みが軽減されることでしょう。相談は無料です。
交通事故でケガをされた方の施術と適切なアドバイスもします。
<< 柔道で「考える力」を養う | main | 寒稽古忍耐学ばせる機会 >>
柔道通じ人間教育を目指す
柔道通じ人間教育を目指す

 私はスポーツエキスパートとして、高岡市志貴野中学校で柔道の指導をしています。 先日、中学二年の長男柔道選手としてが高岡地区大会に出場しました。

ところが、あまりにもふがいない試合でした。我慢できなかった私は、武道館の廊下中に響き渡るような声でしかりつけてしまいました。 日ごろ温厚と思われている私にしかられて息子はショックを受けたと思いますが、それ以上に私も自己嫌悪に陥りました。

 そんなとき、講道館のホームページで柔道の創始者、嘉納治五郎師範の言葉を目にしました。 そこには競技としての柔道と、人間教育を目指す柔道はいずれも重要であると書かれていました。「勝つことにこだわれ」と生徒に教えてきた私は考えさせられました。 今の柔道はスポーツ化が進み、成績や勝敗ばかりに注目されます。どうすれば勝てるか、強くなれるかと勝敗にこだわり、もう一方の柱である人間教育の指導に欠けていると思います。長男の場合も、勝ち負けばかりにこだわっていました。 

 現在、講道館と全日本柔道連盟は、嘉納師範が提唱された柔道の原点に立ち返り、人間教育を重視した事業「柔道ルネッサンス」を進めています。 具体的には,ちんとあいさつができる公共のマナーを守るM達を大切にするずい辰討い訖佑鮟けるソ斉擦良甬擇謀悗瓩襦△挙げられています。

 教育の荒廃が叫ばれている日本、今こそ柔道を通して人間教育していかなければと感じました。
2007年6月27日掲載
読者のひろばトップ
高岡市の中川接骨院
| | 北日本新聞「読者のひろば」 | | - | - | pookmark |

bolg index このページの先頭へ