blog index

高岡市の「中川接骨院」モバイルサイト

富山県高岡市の「中川接骨院」です。出産後の骨盤のゆがみは、腰痛や肩こりの原因の一つです骨盤矯正することによって今までの不快な症状が和らぎ,痛みが軽減されることでしょう。相談は無料です。
交通事故でケガをされた方の施術と適切なアドバイスもします。
<< 右第五指PIP関節捻挫 | main | 右足関節捻挫 >>
便秘も解消し1kg減でびっくり
 高岡市在住 63歳女性
【問診】

自宅で野菜の入った20kg程度の箱を持ち上げ移動した際に腰部に激痛を訴え来院

【検査】
 ケンプtest(+)、SLR(-)、右仙腸関節ストレスtest(+)右第四.五腰椎間関節に圧痛、腰方形筋の圧痛、右ハムストリング筋↓腰部捻挫と診断

【施術】

(1 日目)骨盤の変位(右後方腸骨)を矯正、足関節の矯正で下肢筋群の緊張を取り除き。
骨盤隔膜リリースで腹部の緊張も取り除く
(2.3 日目) 上記同様の施術
(8 日目)電療と温罨法、初検時の症状は良好まで回復し現在治療継続中

【考察】
 患者さんは以前から頑固な便秘症状に悩まされていましたが、骨盤を矯正することにより、一ヶ月後には便秘も解消され体重も1kg減ったと喜んでいました。
 骨盤内には、小腸、大腸、膀胱といった臓器のほか、子宮や卵巣といった生殖器も含まれています。これらは、しっかりと閉じた骨盤であれば、正常な位置にあって血流も十分保たれているはずです。
 しかし、骨盤が緩むと、下に向かってずり落ちてきます。その結果、腸を圧迫し便秘となります。
 今回、腰部捻挫を治療中に偶然にも便秘が解消され、ダイエットの効果も現れたのでしょう。

早期の治療は関節を元の状態に戻し、後遺症を残さないためにも重要です。
中川接骨院
中川接骨院HP

| | 当院の症例 | | - | - | pookmark |

bolg index このページの先頭へ