blog index

高岡市の「中川接骨院」モバイルサイト

富山県高岡市の「中川接骨院」です。出産後の骨盤のゆがみは、腰痛や肩こりの原因の一つです骨盤矯正することによって今までの不快な症状が和らぎ,痛みが軽減されることでしょう。相談は無料です。
交通事故でケガをされた方の施術と適切なアドバイスもします。
<< 長時間の歩行で趾に疼痛を訴える | main | 右大腿部後面の肉離れ >>
首に痛みを訴え来院
首に痛みを訴え来院   高岡市在住 M.Aさん27歳女性

【問診】
自宅で鼻をすすった際に”ポキリ”と音が鳴り急に激痛と運動制限を訴える
【検査】
頚部運動制限、頚部筋の緊張有、前腕知覚test(−)、二頭筋反射(−)、バルサルバtest(−)
ライトtest(−)、頚部捻挫と診断。

【施術】
1日目
胸郭の動を良くするために、肋骨のモビリゼーション、頚部筋の緊張をカウンターストレインで除去。1日目終了
二日目
頚部の右廻旋と右側屈の痛みは無くなったが、左第1・2肋軟骨に圧痛あり、左廻旋と左側屈の運動制限が残存
三日目
頚部の左右廻旋運動は消失、左側屈の運動制限と疼痛残存、経過良好で治療継続中
【考察】
 初検時は、頚部捻挫と診断したのですが頚部の側屈時の激痛が残存していました。
首を支えている筋肉は、上部肋骨に付着しており”ポキリ”と音が鳴り急に激痛、左第1・2肋軟骨に圧痛あったことを考えると、問診時に肋骨の不全骨折の疑いがあったと反省します。
肋骨骨折は、胸部外傷のなかで最も多くみられる損傷形態です。肋骨の折れるメカニズムには2種類あり、ひとつは外力が直接肋骨に作用してその部位が折れるもので(直達(ちょくたつ)外力)、もうひとつは外力が加わった部位から離れた場所で肋骨が折れるものです(介達(かいたつ)外力)
咳(せき)が続いた時やゴルフのスイングをたくさん繰り返した時にも起こることがあります。
中川接骨院
中川接骨院HP

| | 当院の症例 | | - | - | pookmark |

bolg index このページの先頭へ