blog index

高岡市の「中川接骨院」モバイルサイト

富山県高岡市の「中川接骨院」です。出産後の骨盤のゆがみは、腰痛や肩こりの原因の一つです骨盤矯正することによって今までの不快な症状が和らぎ,痛みが軽減されることでしょう。相談は無料です。
交通事故でケガをされた方の施術と適切なアドバイスもします。
左下腿部に歩行痛 シンスプリント
 高岡市在住 M.Hさん16歳女性
【問診】

学校の部活(バスケットボール)で反復したジャンプトレーニングで徐々に下腿部に圧痛と歩行痛を訴え来院

【検査】

後頚骨筋と下腿骨の筋膜付着部に圧痛と筋肉の硬結あり、負傷原因と症状からシンスプリント(左下腿部挫傷 上部)と診断



 
【施術】

1日目

後頚骨筋と下腿骨の筋膜リリース、足根骨のサブラクセーションを矯正し下腿部を圧迫保護

2日目

歩行時の疼痛軽減し、筋膜リリースと足関節のモビリゼーションを施し、高周波通電治療

五日目

歩行時の疼痛は消退、圧通は残存、筋膜リリースと足関節のモビリゼーションを施し、超音波治療、経過良好で治療継続中

【考察】

スポーツを習い始めて起きるスポーツ障害の中で代表的なのがシンスプリントと呼ばれるものです。 シンスプリントと呼ばれるもののほとんどは、脛骨過労性骨膜炎で、下腿内側に位置する脛骨の下方13に痛みが発生することを特徴とします。痛みは脛骨に沿ってうずくような鈍痛で始まります。       

ある一点に集中する痛みとは違い、 筋肉が骨に付着するラインに沿って起こります。 症状が進むにつれ、不快感は段々ひどくなり、運動している最中はずっと持続するようになります。

この障害はランナーに多くみられますが、ハードなトレーニングを集中的に行った場合に頻発します。硬い地面の上を繰り返しランニングする、足部を背屈させる(つま先を上げる)筋肉を過剰に使いすぎる、などが原因となります。

早期の治療は関節を元の状態に戻し、後遺症を残さないためにも重要です。
中川接骨院
中川接骨院HP

| | 当院の症例 | | - | - | pookmark |
右手指先にしびれを訴える女性
 高岡市在住 Y.Aさん59歳 女性
【問診】

約一ヶ月前に自転車で買い物途中にバランスを崩し転倒した際に右手を着き負傷。受傷後に市民病院でレントゲン検査し骨に異常なしと診断され鎮痛剤と湿布薬を処方されるが、右指先の痺れと、脱力感、首や肩周辺部の痛みが残存し来院
【検査】

右鎖骨下筋と右小胸筋、斜角筋の圧痛、上肢挙上運動痛、筋力テスト上腕二等筋5、上腕三等筋5、知覚テスト(-)アドソンtest(-)、ライトtest(+)、ドロツプアームtest(-)、胸郭出口症候群の疑い有り 
【施術】

(1日目)
骨盤の変位を矯正、肋骨の可動性を整え腹部(横隔膜)の緊張を取り除く。
小胸筋、斜角筋の緊張をカウンターストレインで調整し呼吸をしやすくする 

(2.3
日目上記同様の施術

(8日目)電療と温罨法、初検時の症状は良好まで回復し治療継続中

【考察】

自転車で転倒した受傷原因により、第一肋骨と鎖骨の間にある筋肉(斜角筋)が緊張し、すき間の部分が狭くなったために循環障害が生じ、右指先の痺れと、脱力感、首や肩周辺部の痛みが症状として現れ頚部捻挫と判断し施術しました。

接骨院での治療の利点として

  ☆  入院しなくても治療可能 
 ☆毎日、経過の観察が出来る(インフォームドコンセント)

  ☆  親切、丁寧、早く治る 
 ☆治療費が病院に比べビックリするほど格段に安い。

早期の治療は関節を元の状態に戻し、後遺症を残さないためにも重要です。


中川接骨院
中川接骨院HP

| | 当院の症例 | | - | - | pookmark |
右大腿部後面の肉離れ
 高岡市在住 NHさん15歳男性
【問診】学校のグランドで一週間前にサッカーをしていてボールを強く蹴った際に負傷

【検査】右SLR15°で大腿二頭筋長頭に伸展痛、触診で筋腹に膨らみを感じる。右ハムストリング筋、跛行有 大腿二頭筋長頭の挫傷(肉離れ)と判断

【施術】
(1
日目)圧痛部位を中心に筋肉を寄せる手技を施す。

(2日目) 圧痛部位を中心に筋肉を寄せる手技と超音波通電とテーピング固定

三日目以降、高周波通電と手技を施し、14日目良好まで回復

【考察】

筋肉が強く伸縮したときの力が強すぎて起きてしまい、筋肉間の組織や筋肉そのものが部分的に切断てしまうケガで、陸上競技の短距離・ハードル、野球・サッカー・ラグビーなどの全力疾走するスポ−ツ全般で多く、テレビのスポ−ツ中継等で、「肉離れ」の場面に遭遇することも、少なくはありません。

運動前のストレッチを十分に行い、運動後にもストレッチ体操を行うことにより、筋肉を元の状態に戻し予防することが出来ます。また、早期の治療も後遺症を残さないためにも重要です。
中川接骨院
中川接骨院HP

| | 当院の症例 | | - | - | pookmark |
首に痛みを訴え来院
首に痛みを訴え来院   高岡市在住 M.Aさん27歳女性

【問診】
自宅で鼻をすすった際に”ポキリ”と音が鳴り急に激痛と運動制限を訴える
【検査】
頚部運動制限、頚部筋の緊張有、前腕知覚test(−)、二頭筋反射(−)、バルサルバtest(−)
ライトtest(−)、頚部捻挫と診断。

【施術】
1日目
胸郭の動を良くするために、肋骨のモビリゼーション、頚部筋の緊張をカウンターストレインで除去。1日目終了
二日目
頚部の右廻旋と右側屈の痛みは無くなったが、左第1・2肋軟骨に圧痛あり、左廻旋と左側屈の運動制限が残存
三日目
頚部の左右廻旋運動は消失、左側屈の運動制限と疼痛残存、経過良好で治療継続中
【考察】
 初検時は、頚部捻挫と診断したのですが頚部の側屈時の激痛が残存していました。
首を支えている筋肉は、上部肋骨に付着しており”ポキリ”と音が鳴り急に激痛、左第1・2肋軟骨に圧痛あったことを考えると、問診時に肋骨の不全骨折の疑いがあったと反省します。
肋骨骨折は、胸部外傷のなかで最も多くみられる損傷形態です。肋骨の折れるメカニズムには2種類あり、ひとつは外力が直接肋骨に作用してその部位が折れるもので(直達(ちょくたつ)外力)、もうひとつは外力が加わった部位から離れた場所で肋骨が折れるものです(介達(かいたつ)外力)
咳(せき)が続いた時やゴルフのスイングをたくさん繰り返した時にも起こることがあります。
中川接骨院
中川接骨院HP

| | 当院の症例 | | - | - | pookmark |
長時間の歩行で趾に疼痛を訴える
右第1趾の巻き爪   高岡市在住 S.Mさん66歳女性
【問診】
長時間の歩行で疼痛を訴える

【施術工程】
.廛譟璽箸量着をよくするために爪の表面を磨く爪の油分をClean-EXで洗い流すプーレトの長さを爪の大きさに合わせカットするぐ緡斗兩榁綺泙撚昌澆瓩鬚垢覘ス轍什泙鮨瓩付けるν省な接着部分を削り作業終了 約25分

上記の症例は、3回の張り替えで改善したものです。
中川接骨院
中川接骨院HP
| | 当院の症例 | | - | - | pookmark |
左第5指近位指節間関節(PIP関節)の変形
高岡市在住 N.Tさん84歳男性
【問診】自宅台所で転倒した際に左手を着き負傷し来院する。

【検査】左第5指近位指節間関節が内上方変位、屈曲制限と疼痛著明、脱臼と診断。
【施術】中節骨を背屈伸展し末梢へ牽引、基節骨骨頭に直圧し屈曲整復完了
患者に指を握らせて確認する。

【考察】指の脱臼はスポーツ傷害では最も多い脱臼です
受傷後早期の症例では徒手整復が行われます。しかし、患者自身やコーチ指導者がむやみに引っ張った為に、軟部組織が関節内に介在した場合は徒手整復が困難となり、手術的治療が必要となる事もあります。
絶対に自分で整復しないでください。
中川接骨院
中川接骨院HP
| | 当院の症例 | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
右肩の腱板(棘上筋腱)損傷
 高岡市在住 A.Mさん55歳 女性
【問診】自宅近くで、夜間に配り物をしていて足元が暗かった為につまづき転倒した際に右手を着き負傷

【検査】ドロップアームテストで激痛、棘上筋腱の圧痛、外転運動制限、運動痛著明、以上のことから棘上筋腱の損傷(肩関節捻挫)と判断

【施術】

(1日目)棘上筋の緊張を緩め厚紙副子で包帯固を施す。

(2日目〜7日目) 肘関節の軸を矯正し上腕部前面の筋肉と後面の筋肉

の緊張を除き肩関節のモビリゼーションと包帯固定。

(8日目以降)かぶれを訴えたため、包帯を除去

肩関節のモビリゼーションで良好まで回復

【考察】

棘上筋は三角筋を助け、上腕を外転・挙上させ、上腕骨頭を関節窩に向けて内方に引っ張る働きがあります。今回の受傷は転倒した際に、介達外力により上腕骨の骨頭と肩甲骨の肩峰の間に棘上筋腱がはさまれた為に損傷したものです。棘上筋腱が断裂した場合は手術によって断裂端と骨を縫合し元に戻しますが、軽度の場合は損傷部位を圧着し固定で治療は可能です。

しかし、我慢して早期の治療を怠ると、棘上筋の腱は石灰化やほかの変性疾患によって肥厚し、腕を外転した時に肩峰の下で肩峰下包を圧迫する、棘上筋症候群やインピンジメント症候群と言った外転時の痛みを残すことになります。

早期の治療は関節を元の状態に戻し、後遺症を残さないためにも重要です。


中川接骨院
中川接骨院HP

| | 当院の症例 | | - | - | pookmark |
出産3ヵ月後に夜中の授乳時と起床時に左臀部に疼痛

 【問診】
出産3ヵ月後に夜中の授乳時と起床時に左臀部に疼痛を訴え来院
【検査】
前屈と左回旋時に左仙腸関節に運動痛あり、ケンプtest(-)、SLR(-)、知覚(-)、腱反射(-)、仙腸関節ストレスtest(+)左前方腸骨、左大腿直筋↓左腸腰筋↓左ハムス筋↓
【施術】
(初 日) 腹臥位でブロックを挿入し骨盤の変位を矯正し、左ハムス筋↑、アクティベータでバランスを整え、骨盤隔膜リリース、腹部の圧痛と緊張を除去、前屈と回旋運動痛は消失しテーピング貼付で施術終了
(7日目) 前回の治療後に便通は驚くほど良好だが、起床時の疼痛は残存
前回と同様な施術で終了一週間後の経過を診る。
【考察】
女性の場合、骨盤が最大限に開くのはなんといっても出産時。妊娠してから出産までの間、骨盤は赤ちゃんがスムーズに産道を通れるようにゆっくりと開き、産後一週間から10日の間に急速に閉じていきます。
この時期に、身体にストレスをかけると骨盤がきちんと閉まらずに、ゆがんだ状態で固定してしまいます。
お産の後は女性ホルモンの分泌が盛んになり、骨盤を閉めている靭帯が緩んできます。

今回の症例では、医師より骨盤バンドを装着するように指導を受けていたのですが、間違った使い方をすると、返って骨盤にゆがみを生じることがあります。骨盤を正常な位置に戻した後に、バンドの装着位置や強さが大切になってきます。
早期の治療は関節を元の状態に戻し、後遺症を残さないためにも重要です。

 

| | 当院の症例 | | - | - | pookmark |
左胸鎖関節に痛みを訴え来院
【問診】数日前にゴルフプレー中に左胸鎖関節が痛みだし我慢していたが症状が悪化し来院する。
【検査】左胸鎖関節に前上方変位と圧痛あり、上肢挙上内転時に運動痛を訴えている。【施術】患者を仰臥位とし、術者は頭方より左母子にて左胸鎖関節を動きの悪い方向に直圧、胸郭を広げる操作と左肩鎖関節を把握し矯正する。
施術後の痛み5→1に改善
2日目に経過良好のて治癒

【考察】胸鎖関節は、体幹と上肢帯を連結する唯一の関節であり、鎖骨を介して肩甲帯の運動を制御する働きがあります。今回、ゴルフクラブをバックスイングする動作時に鎖骨中枢端が胸骨とぶつかり、前方へ変位し、胸骨と鎖骨を繋げる靭帯を引き延ばした為に関節面が不適合となったものです。
中川接骨院
中川接骨院HP
| | 当院の症例 | | - | - | pookmark |
右手関節捻挫(TFCC損傷の可能性)
 高岡市在中 14歳 女性
【問診】
柔道の乱取稽古中に背負い投げを掛けた際に右手首を強くひねり負傷
【検査・テスト】
手関節を背屈と尺屈時に運動痛と尺骨茎状突起に圧痛あり
【施術】
手関節橈屈位で末梢方向に牽引した状態から、尺骨茎状突を軸に尺屈位に戻し、
手関節を背屈し整復完了
包帯固定、練習中はテーピングを施す
IMG_1801.jpg    IMG_1802.jpg

IMG_1803.jpg    IMG_1804.jpg

現在治療継続中
【考察】
手関節は多くのスポーツで転倒した際に手を着きケガをする事が多く
「ただの捻挫」と思われがちです。

あらゆる競技で手関節は酷使するために、安静にすることが出来ずに
治療が長引きやすいケガの一つです。

しかし、痛みが、ぶり返したり、手首を小指側に曲げると痛い、
前腕の回旋(ひねる)すると痛い、手首が緩い、
手首を動かすとポキポキいう、骨がずれた感じがする、
といった症状が長引いた場合
TFCC損傷(三角線維軟骨複合体)を疑います。

手関節を安定させる靭帯を損傷した為に
安定性がなくなり起こす症状です。

レントゲン検査ではTFCCは軟骨成分なので何も写らないので
異常なしと診断されるのですが、
上記の症状が長引く方は、当院へご相談ください。

中川接骨院
| | 当院の症例 | | - | - | pookmark |

bolg index このページの先頭へ